御菓子司 菊屋本店

和菓子製造販売【御菓子司 菊屋本店】

HOME»  杖衝坂の由来

杖衝坂の由来

当店より一号線を京都に向って300m程の処にあるのが「杖衝坂」詳しくは四日市市采女町です。
この杖衝坂は、長さ200m程で標高50~60mにおよんでいます。名称は遠く病身の日本武尊命(やまとたけるのみこと)が苦労してこの坂を登った事から名付けられたと伝説があります。

 

杖衝坂の由来

 

杖衝坂の由来

 

杖衝坂の由来

 

又、後年貞享四年(1687)詩人の松尾芭蕉がこの難所に江戸から伊賀へ帰る途中、馬に乗って越そうとした所、余りの急な坂の為、鞍もろとも転落してしまったその状況を早速句に残し

「歩行(かち)ならば杖衝坂を落馬かな」

今日に伝えられ、その句碑もそのまま当地に残されています。

 

当店ではこの永く伝わる伝説に名をかりて当地の名称と友に、銘菓「采女の杖衝」と名付けて最中の中に大納言小豆の粒餡を入れ、その中に求肥を程よくあしらい大変食べ易く、糖度も低く菊屋ならではの銘菓でございます。その他の当店特有の味と香りの銘菓と共に、四日市の菊屋本店をどうぞ末永くご愛用の程お願い致します。

 

杖衝坂の由来